大阪で人気がある通信制高校の歴史と特徴

日本で初めて通信制高校が誕生したのは、1983年

通信制の高校というものをご存知でしょうか。
若い方や現役の高校生であれば、大半の方がご存知でしょう。
この学校では、文字通り、通信を活用した教育を実施されています。
その特徴をここで詳しく解説をしていきましょう。
日本で初めて通信制高校が誕生したのは、1983年です。
大阪の堺市で誕生し、当初は大学入学検定試験の合格を目指すための補助学校という立ち位置でした。
高校は今でも義務教育ではなく、中学卒業時に試験を受けて合格をした方しか進学をしません。
なかには家庭の事情で働きに出る方もいるわけで、1980年代までは年間約200万人しか高校生になっていない時代です。
社会人となって金銭的なゆとりが出た頃に高校で勉強をしたいと思われる方が増加し、それを支えるために通信制高校が誕生したわけです。
1988年に文部省が制定した大学入学検定試験を受ければ、大学にも進学できたので通信制の高校も注目されるに至ります。

地球環境― 履正社、プレイボールです。
通信制高校で初出場の地球環境、どんな戦いを見せてくれるのでしょうか♪履正社も地元大阪で人気のある学校です。

— バーチャル高校野球 (@asahi_koshien) March 25, 2012

日本で初めて通信制高校が誕生したのは、1983年当時は郵便を活用したスタイルでレポートを提出現在映画やドラマで大活躍をしている10代の芸能人の大半が通信制を卒業

通信制高校 大阪 人気奈良県の通信制高校・サポート校一覧-通信制高校ナビ